比較サイトを医療する

緑のトンランプネイル

ネイルにはいろいろな種類があります。
爪にマニキュアで色を塗るシンプルなものはカラーリングといいます。
自分の爪に樹脂やアクリル素材などで長さをだすことをスカルプチャーといいます。
今、主流になっているのは、ジェルネイルといわれているものです。
ジェルと呼ばれる樹脂で色をつけたり、長さをだしたりします。
ジェルの特徴は長さを出さなければ、自然でつけている違和感がありません。
カラーもマニキュアの持ちが1週間程度に比べ、ジェルネイルは短くても2週間は持ちます。
マニキュアだと塗ってから乾くまでの時間がかかりますが、ジェルネイルはライトで固めるので乾かす時間がいりません。
そういった点で今、ネイルの主流になっています。

最近のトレンドはLEDライトが増えてきました。
今までのUVライトより時間が短縮できます。
ネイルのデザインは毎年いろいろなものがでています。
ファッションに合わせて楽しむようにするといいと思います。
冬にはニットのような質感のものがかわいいです。
その年のファッションで流行っている柄や色、パターンなどを取り入れましょう。
洋服を派手にしたときは、爪をシンプルにするとバランスがよいです。
ときには、わざと派手×派手にして華やかさを演出するのもいいですね。
でも、その組み合わせは上級テクニックなので、上品にすっきりしたい場合は爪はシンプルに抑えて美しい指先を目指しましょう。
最後に迷ったら、どんな洋服にもマッチするのはフレンチです。